少し大きな独り言

世の中のあらゆる出来事について、思うままに書いていくそんなブログです

未分類

デビットカードのメリット・デメリットとは?

投稿日:2018年11月28日 更新日:

みなさんこんにちは!ふわまろです。
主にクレジットカードに関することについて書いているのが、このブログになります。

今回は特別編として、「デビットカード」のメリットとデメリットについてです。

口座から直接引き落としができるデビットカードですが、まだしっかりと解説はしていなかったので、解説していきたいと思います!

 

デビットカードのメリット・デメリットとは?

デビットカードのお得な点

デビットカードを使うにあたっては、何かお得な事(メリット)が無いといけません。

もっとも、信用情報に金融事故が登録されている人は、通常のクレジットカード審査には通らない可能性が高くなることはお伝えしてきましたね。

その場合において、事故情報が削除されるまでのつなぎの意味で、デビットカードを作るケースもあります。

もっとも、通常のクレジットカード審査に通らない人であれば、基本的に審査無しで発行されるこのデビットカードはそれだけでメリットのような気がしますが、実はそれ以外にもメリットがあるのです。

そこで、今回の記事ではデビットカードのメリットはもちろん、デメリットについても解説します。

デビットカードのメリット

●発行時の審査がない
通常のクレジットカード発行時にある審査がデビットカードにはありません。

審査がないという事は、基本的に満15歳以上(中学生不可)の人であれば誰でも発行可能なカードとなっています。

この審査がないという事は、信用情報に金融事故が登録されている人はもとより、現在カード審査に通らなくて困っている人にとっては、とても魅力的に感じると思います。

ちなみに、ごく一部のデビットカードには発行時に簡単な審査がありますが、大抵の人は問題なく審査に通ると思われます。

 

●多重債務の心配が無い
デビットカードは、あらかじめ銀行口座にお金を入れておき、その残高の範囲での利用に限られるため、自分の口座残高以上の買い物が出来ません。

口座残高以上の買い物が出来ない以上はカードの使い過ぎによる債務超=多重債務の心配がありません。

使いすぎによるカード破産に苦しむ人も多くいるので、その点が不安な方はデビットの方がいいかもしれません。

 

●銀行ごとに付加価値サービスがある
デビットカードは各銀行が発行しているため、通常のクレジットカードには無い付加価値があります。

例えば銀行と言えば入金や引き出し、さらには振込などが行えますが、ATM利用手数料無料や振込手数料無料など、各銀行によって独自の付加価値サービスが付いています。

 

●ポイントサービスやキャッシュバックがある
デビットカードにも、クレジットカードと同様にカード利用代金に対してポイントの付与が付いている場合があります。

デビットカードを使えばポイントが付与されるため、現金で買い物をするよりもお得と言えます。

また、基本的に銀行は金融業務がメインになるため、自社独自のポイントサービスを持っていない銀行もあります。

そのため、こういった銀行が発行しているデビットカードには、直接銀行口座へ利用代金の数%をキャッシュバックするサービスが付いているケースもあります。

いずれにしても、デビットカードはカードの中に現金が入っているようなものなので、買い物の際に直接現金で支払うよりもデビットカードを使った方がお得と言えます。

デビットカードのデメリット

基本的に審査なしで発行されるデビットカードですが、お得な面もあれば不便な面(デメリット)もありますので、ここからはそのデメリットについて解説します。

 

●デビットカードの選択肢が少ない
以前と比べてデビットカードを発行している銀行が増えてきてはいますが、その数はクレジットカードとは比べ物にならないほど少ないです。

地方銀行から発行されているデビットカードを入れても100種類あるか?といった感じなので、10,000種類以上あるクレジットカードと比べると1/100となっています。

選択肢が少ないのでその利用シーンも限られますが、多額の現金を持ち歩く事と比べる=セキュリティ面を考えればそれほど苦にはならないかも知れません。

 

●口座残高以上の利用が出来ない
これは当たり前の事ですが、デビットカードは銀行口座残高の範囲内での利用に限定されるため、残高以上の利用は出来ません。

そのため、残高以上の買い物を行おうとすると決済不可(エラー)になってしまうため注意が必要です。

 

●ポイント還元率が低い
デビットカードにはポイントサービスが付いているものもありますが、その多くは0.5%の還元率となっており、通常のクレジットカードの還元率(1%以上)と比べるとその還元率は低くなっています。

もっとも、デビットカードはポイント還元率に重きを置いているという訳ではありませんので、還元率が低い事は普通です。

 

●デビットカードを使えるお店がクレジットカードよりも少ない
基本的に、このデビットカードはVISAやJCBなどクレジットカードのブランドが付いていればそのブランドを取り扱っているお店で使う事が可能です。(デビットカードにはMasterブランドはありません)

ただ、一部のお店ではいくらVISAやJCBなどのブランドが付いていても、クレジットカードはOKでデビットカードはNGというところがあります。

事前にお店でカードが使えるのか?の確認はしておいた方がいいです!

お店で買い物や食事をした後、支払いをデビットカードで行おうとしたら『使えません』では焦ってしまうため、注意が必要です。

使用頻度は当然人によって変わると思いますが、持っていて損になることはないと思うので、1枚ぐらい作っておくのもありかと思います!

次回は?

次回は、デビットカードの「種類」についてお伝えしていきます!

それではまた次回!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

はじめまして!ふわまろと言います!

世の中のあらゆる流行などについて、そういったものに関心が強い人間です笑

皆さんが気になっているような事柄について、取り上げていきます!

同時に即時の視点も交えながら、新しい角度からも情報を提供していきます!

ぜひご覧ください!!