少し大きな独り言

世の中のあらゆる出来事について、思うままに書いていくそんなブログです

未分類

クレジットカードを作りやすい人とは?

投稿日:2018年11月12日 更新日:

みなさんこんにちは!ふわまろです。
主にクレジットカードに関する情報について、書いているのがこのブログです。

今回は、「クレジットカードの審査に通りやすい人」というテーマで書いていきます!

クレジットカードを作りやすい人とは?

クレジットカード審査に通りやすい人

実際、クレジットカードの申し込みには、様々な背景があります。

公務員の人もいれば、自営業の人もいて、年収が200万円程度の人もいれば、1,000万円程度の人もいて、本当にバラバラです。

加えて持ち家に住んでいるのか、借家に住んでいるのかという違いもあり、他社への借入がゼロの人もいれば、数件あって50万程度の借入がある人もいるでしょう。

つまり、審査に申し込む人には多種多様な属性情報があり、個人信用情報機関に登録されている信用情報の内容も異なっていることが多いです。

結果として、審査に通りやすい人と通りにくい人が出てきます。

ただ、審査に通りにくい人は、居住年数や勤続年数、さらに年収や信用情報の内容に問題があるから通りにくいという、原因ははっきりとしています。

逆に、審査に通りやすい人の特徴とはなんでしょうか?

クレジットカード審査に通りやすい人の条件はこちら

クレジットカード審査では、申込者の属性や信用情報などを調査しながら、自社の審査基準を満たしているのか?を確認して、カード発行の可否を判断しています。

つまり審査に通りやすい人の条件は、これらの信用情報に手掛かりがあるのです。

実際に審査に通りやすい人の条件について、いくつか解説していきます。

 

■クレジットカード審査で通りやすい人の特徴■

 

●金融事故を起こしたことがない
クレジットカード審査で一番重要なこと、それは個人信用情報機関の信用情報に、金融事故が登録されていないことです。

過去に重大な金融事故を起こしている人は、再びそれを起こす可能性があるため、通りにくいです。

その結果、審査において信用情報に金融事故情報が登録されていることが発覚した場合、その時点で審査に通らない可能性が高いです。

ですので、過去に金融事故を起こしていないこと、あるいは過去に金融事故を起こしていた場合には、信用情報から金融事故情報が削除されていることが絶対条件です。

 

●勤務先や年収条件がいい
クレジットカード審査への申し込み条件として、毎年継続して安定した収入というものが必要となってきます。

だかたといって、公務員や上場企業に勤務していなくても、金属年数が長く年収も300万〜350万以上の会社員であれば審査に通りやすくなります。

 

●良好なクレジットヒストリーがある
クレジットカードの審査では、申込者のカードを含めた金融商品の利用履歴が重要になってきます。

というのは、クレジットカード会社からすると、全くの新規の人=信用情報に良好なクレジットカードの履歴が登録されていない人と、良好な履歴が登録されている人も比較するときを思い浮かべてください。

どう考えても、良好な履歴がある人の方が、信用性としては高いですよね?

信用情報に良好な履歴が登録されている人は、毎月しっかりと返済を行なっているとカード会社は判断しますので、審査に通りやすくなります。

 

●他者借入=借金がない
クレジットカード審査では、総量規制の借入限度額を超えている人はどう考えても通らなくなってしまいます。

最低限借金が年収の1/3未満である必要がありますね。

所持しているクレジットカードのキャッシング枠自体が無く、消費者金融からの借金もないと言う人も審査に通りやすくなります。

 

●短期間での申込件数が少ない
審査では個人信用情報機関の信用情報を照会します。この時信用情報に申込情報が複数登録されていると、審査での印象が悪くなってしまいます。

と言うのは、短期間に複数の申し込みを行っているケースとして、現在の生活環境においてお金が足りず、生活資金を賄うために複数の審査申し込みをしているのでは?と思われてしまうからです。

そうなると審査に通りにくくなりますので、短期間(申込情報の登録→削除までの6ヶ月間)での申込はなるべく少ない方が通りやすいです。

もちろん、全くないという人も通りやすくなります。

審査に通りやすい人=審査基準を上回っている人

いかがでしたでしょうか?

この一覧に記載した内容を見ていただくとお分かりかと思いますが、クレジットカードの審査に通りやすい人とは、一般的な審査基準を上回る必要性があります。

それに加えて、プラスアルファの要素も必要になることをお伝えしてきました。

中でも、信用情報に重大な金融事故の登録がない、勤務先や金属年数などの条件は審査に通るためには必要不可欠になります。

この通りやすい人の条件を参考に、自分の属性や信用情報のレベルアップを図っていただければと思います。

クレジットカード審査では、勤続年数や年収、さらには他者からの借金もそうですが、一般的な審査基準以上の条件であれば他の人と比べて審査に通りやすいと言えるでしょう。

次回は?

次回も未定です!またこれからも訪問よろしくお願いいたします!

それではまた次回!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

はじめまして!ふわまろと言います!

世の中のあらゆる流行などについて、そういったものに関心が強い人間です笑

皆さんが気になっているような事柄について、取り上げていきます!

同時に即時の視点も交えながら、新しい角度からも情報を提供していきます!

ぜひご覧ください!!