少し大きな独り言

世の中のあらゆる出来事について、思うままに書いていくそんなブログです

未分類

クレジットカードの「更新」について

投稿日:2018年11月18日 更新日:

みなさまこんにちは!ふわまろです。
このブログは、主にクレジットカードのことについて書いているブログになります!

今回は、クレジットカードの「更新」についてです!

クレジットカードには有効期限がありますよね?それを更新するときには、「審査」を受ける必要があります。

その際何を見られているのか、気をつけておくべきポイントは何か?などについて、今回は述べていきたいと思います!

 

クレジットカードの「更新」について

有効期限とは?

クレジットカード作成において、もっとも重要な事がクレジットカード審査に通る事になります。

ただ審査には絶対や100%がありませんので、誰でも簡単に審査通過→クレジットカードが持てるという訳ではありません。

そして、無事に審査に通ったとしてもクレジットカードには有効期限があり、有効期限が迫ってくると、クレジットカード会社によって更新審査が行われる事になります。

もっとも、クレジットカードの有効期限を無限にする、または更新審査を行う事なく更新済みカードを発行することはできません。

顧客の属性や信用情報は変化していくので、更新審査が行われるのは仕方ないことになります。

そしてこの更新審査ですが、大抵のカード会社ではカード有効期限のおよそ1か月前に行われています。

この審査に通れば有効期限が更新されたクレジットカードが届くことになりますが、中には更新審査に通らない=更新済みカードが届かないケースもあるのです。

 

「更新審査」が行われている理由

大抵のクレジットカードの有効期限は3年程度だと思われますが、この間顧客の属性情報や信用情報に変化が無いというのは、稀かと思われます。

勤務先が変更になっていたり、他社クレジットカードや他社キャッシングの利用履歴があるなど、何かしら変化はある可能性があるからです。

つまり、クレジットカード会社では顧客の現在の属性や金融商品の利用状況などを判断して、この顧客に対して更新済みのクレジットカードを発行しても大丈夫なのか?を考慮しながら、更新審査を行っているのです。

クレジットカード会社としても、自社にとって好ましくない顧客に対していつまでもカードを発行していては、自社にとって今後不利益になる可能性がありますよね。

更新審査の結果不合格になったとしても、それは仕方がありません。

 

更新審査の「内容」はこれだ!

 

現在保有しているクレジットカードの有効期限が迫ってくると、きちんと有効期限が更新されたカードが届くのか?と不安になる人もいるでしょう。

確かに、今まで普通に利用していたカードが、更新審査の結果次第では今後使えなくなる可能性がありますので、更新済みカードが届くまでは不安に感じるかもしれません。

そこで、ここではクレジットカード有効期限を更新する際に行われる審査の内容について解説しますので、カードの有効期限が更新されるのか?と不安に思っている人は参考にして下さい。

 

■更新審査の内容■

 

●過去の利用状況

この過去の利用状況ですが、更新予定のクレジットカードにおける過去の利用状況の事です。

過去の利用状況なので、利用回数や利用金額、毎月の支払い状況などが審査対象になります。

そして、この利用状況が良好であれば、次に説明する他社における利用状況の内容次第で、更新済みのクレジットカードが発行される事になります。

ただ、過去の支払い状況で延滞があると、その延滞の度合いによっては更新済みクレジットカードは発行されすに解約になる可能性があります。

また、過去の利用状況以前にほとんどクレジットカードを利用していなかった場合にも、更新済みクレジットカードが発行されない可能性(経験済み)があります。

ですので、継続的にクレジットカードを利用したいのであれば適度な利用を心掛けた方が良いです。

 

●他社における利用状況

クレジットカード更新審査の際には、顧客の個人信用情報機関に登録されている信用情報も照会して、現在の他金融商品の利用状況も調査する事になります。

ここで他社の利用状況も確認する事が可能となっています。

そして、他社での利用状況が良好であれば問題ありませんが、他社の利用状況で延滞または多額の借入などの事実が判明した場合には、更新済みクレジットカードは発行されずに解約になる可能性があります。

いかがでしたか?

クレジットカードの更新審査では、主にカード作成後の自社及び他社における利用状況について調査が行われる事になっています。

そしてその結果、特に問題が見つからなければ無事に有効期限が更新されたカードが届くことになります。

逆に言えば、自社及び他社においてネガティブな情報(延滞情報)などが登録されていた場合には、更新済みカードが届かない可能性が非常に高くなりますので注意が必要です。

以上を踏まえて、更新審査に通るように気をつけて利用しましょう!

次回は?

次回は、クレジットカードを「再発行」するときの審査について、紹介していきます!

それではまた次回!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

はじめまして!ふわまろと言います!

世の中のあらゆる流行などについて、そういったものに関心が強い人間です笑

皆さんが気になっているような事柄について、取り上げていきます!

同時に即時の視点も交えながら、新しい角度からも情報を提供していきます!

ぜひご覧ください!!