少し大きな独り言

世の中のあらゆる出来事について、思うままに書いていくそんなブログです

未分類

Amazonでクレジットカードの利用は危険なの?

投稿日:2018年11月10日 更新日:

みなさんこんにちは!ふわまろです!
このブログでは、主にクレジットカードの情報について、あらゆる観点からお伝えをしていきます!

前回は、Amazonクレジットカードについてお伝えしましたね。

今回は、実際にクレジットカードを使ってAmazonを利用するときに、リスクがあるのかどうか?この点についてご紹介していきます!

 

Amazonでクレジットカードの利用は危険なの?

クレジットカードを使用するリスク

私たちが日常的に利用しているクレジットカードはとても便利なツールになりますが、そこにはさまざまな危険があります。
紛失や盗難による第三者の利用や、ネットショッピングにおけるカード情報の流出などが挙げられます。

そんなリスクに対処するためには、日頃からカード管理が重要になってきます。

しかしネット通販大手のAmazonもネットショップになるため、カードを使うことによって情報が流出する危険性があるのでは?と思っている人もいるでしょう。

実際、他のネットショッピングではセキュリティコードの入力なども必要ですが、このAmazonではそれが入力不要なのです。

それも重なって、Amazonでカードを使う際の不安へと繋がっているのかも知れません。

 

Amazonでのクレカ決済について

今までAmazonでクレジットカード決済をした事のある人はご存知かと思いますが、Amazonでのカード決済を行う場合に必要な情報は以下に挙げられます。

カード名義人、カード番号、有効期限の3点のみで、この3点の情報入力によってカード決済の利用が可能となっています。

たったこの3点だけの入力でクレジットカード決済が出来るので、他のネットショッピングサイトと比べるとやはり使いやすい感じがしますね。

先程も少し触れましたが、他のネット通販サイトでよくある生年月日やセキュリティコードの入力もありません。

もっとも、この3点の情報のみで決済可能というところだけを見れば、他のネット通販サイトと比べてもAmazonではクレジットカード決済に対して危険だ!と思うのも無理はありません。

AmazonのSSL証明書は高水準!

このSSLですが、インターネット上で暗号化したデータの送受信を行うための、プロトコル(手続き)という意味です。
そしてAmazonではこのSSLを導入していて、これを簡単に言うと、Amazonでショッピングをしたデータは暗号化されて通信されるので、安全ですよという事です。

もっとも、近年のネットショッピングではその通信を暗号化して、第三者によるなりすましや各種情報の流出を防ぐためにこのSSLを導入しているところが多数を占めています。

ただ、Amazonが導入しているSSL証明書は、シマンテック社が発行しているSSL証明書の中で最もクラスが高いClass3の証明書となっているため、そのセキュリティはより強固なものとなっています。

シマンテックは、現在CPS中に3つのクラスの証明書を規定しています。各クラスの証明書は、それぞれ規定された認証レベルによって信頼性の水準を保有します。

各水準(クラス)の証明書には、それぞれ異なった機能およびセキュリティ上の特徴があります。
証明書の申請者は、これら一連のサービスの中から自分の需要に見合うものを選択し、そのクラスの証明書を選択します。

出典:シマンテック社

つまり、Amazonでは高水準のSSL通信を行って顧客情報の暗号化されたデータ通信を行っているので、クレジットカード決済に対して万全のセキュリティ対策を講じていると言えますね

ネット通販でのカード決済は、リスクが不可避

これはAmazonに限った事ではありませんが、近年のインターネット犯罪の増加傾向から見ると、ネット通販サイトでのクレジットカード情報を入力する場合には、常に危険が付きまとっていると言えます。

その理由としては、ネットでは第三者が常にハッキングのチャンスを狙っているからです。

ネット通販サイトがいくら強固なSSL通信を導入していても、肝心のあなたのパソコンが第三者によってハッキング(ウィルスに侵入されている)されたら、そんなものは全く意味を持たなくなってしまうからです。

とくに、ネットショッピングで際のカード番号やセキュリティコード、さらには生年月日などの入力の際、すでにあなたのパソコンの中にウィルスが入っていたら、これらの情報が第三者の手に渡ってしまう危険があります。

その防止策として、ネット利用ではウィルスソフトの利用が必須になります

ネット通販サイトでカード決済を行う場合には、損害保険の付いているクレジットカードを使う、自分のパソコンに最新のウィルス対策ソフトをインストールしておく、またはその両方の対策を行っておく必要があります。

ただ、ウィルス対策ソフトも100%安全というものではありません。

ネット通販サイトのマイページに登録されているクレジットカード情報を削除したり、利用明細をくまなくチェックして、身に覚えのない明細があったらすぐにクレジットカード会社に連絡する事などの対策も必要になってきます。

もっとも、ネット通販サイトでのクレジットカード不正利用を防ぐ最大の方法は、その支払いを銀行振込代金引換、さらにはコンビニ支払いなど、現金払いにするのが一番の方法になります

ちなみに、ネット通販サイトではありませんが、オフラインのショップや銀行ATMなどの端末にはスキミング用の機械(スキマー)が取り付けられている可能性があります。

上記から分かるように、常日頃からクレジットカードの取り扱いには注意しましょう!

次回は?

次回は未定です!ぜひ訪問していただけると嬉しく思います!

それではまた次回!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

はじめまして!ふわまろと言います!

世の中のあらゆる流行などについて、そういったものに関心が強い人間です笑

皆さんが気になっているような事柄について、取り上げていきます!

同時に即時の視点も交えながら、新しい角度からも情報を提供していきます!

ぜひご覧ください!!