少し大きな独り言

世の中のあらゆる出来事について、思うままに書いていくそんなブログです

未分類

運転免許証は、強い!

投稿日:2018年11月24日 更新日:

みなさんこんばんは!ふわまろです。
クレジットカードに関することについて、様々な角度からお伝えしているのがこのブログです!

今回は、運転免許証は強い!というテーマでお伝えしていきます!

強いというのは、一番使いやすいということです笑

本人確認書類は様々ありますが、その中でもなぜ運転免許証が一番強いのか、その点を主にご紹介していきます。

運転免許証は、強い!

一番信頼性が高い!

これまで何回もお伝えしましたが、クレジットカード審査では、カード会社が設定している審査基準を満たすことが必要になります。

そしてこの審査の際には、申込者と申込書に記載されている個人情報が同一人物であることが絶対条件になっています。

この理由としては、悪意ある第三者からの申込を防ぐためです。

そしてこの時に、同一人物である事を証明するためには、運転免許証や健康保険証などの本人確認可能な書類の提出が必要になってきます。

もっとも、近年では第三者によるクレジットカード詐欺が増えてきていますので、カード会社としてもそういった事態を未然に防ぐためにも、本人確認書類の提出は重要な要素となっています。

ちなみに、本人確認書類には先程挙げた運転免許証や各種健康保険証、住民票やパスポートなどいくつかの種類がありますが、この中では運転免許証が一番信頼性が高くなっています。

この運転免許証が一番信頼されている理由・・・

それは、運転免許証には免許証番号があり、この免許証番号は免許証発行後に紛失や盗難に遭わない限りは同一の番号となっているのです。

そのため、過去に本人確認書類として運転免許証を提出していた場合には、すぐに同一人物として確認する事が出来るためです。

もっとも、紛失や盗難にあった場合には再発行が可能ですが、その際にはある個所の番号が変更になるだけなので、運転免許証の失効が無い限りはほぼ同じ番号になっているのです。

ただ、本人確認書類として一番信頼性が高い運転免許証ですが、いくつか注意する点がありますので解説します。

12桁の番号はこう使われている!

運転免許証についてですが、免許証表面下部には運転免許証番号と呼ばれている12桁からなる番号が記載されています。

そして、この運転免許証番号は、基本的に免許取得から免許失効まで変わる事がありません。

基本的にと書いたのは、運転免許証番号の最後の1桁だけ、免許証の盗難や紛失にあってしまい免許証の再発行を行った場合のみ番号が変わっていくためです。

つまり、免許証の再発行が無ければ運転免許証番号が変わる事はありません。

加えて、この運転免許証番号には色々な意味が含まれていることはご存知でしたでしょうか?

最初の2桁は都道府県コード
次の2桁は免許取得年度
次の6桁は本人番号
次の1桁は読み取り誤りをチェックするための番号
最後の1桁は再発行回数

というように、決められた固有の番号が振り分けられています。

つまり、この運転免許証番号を確認すれば、いつどこで運転免許証を取得したのかが分かります。

そして、最後の1桁だけが運転免許証の再発行回数ごとに変更になる番号で、再発行回数が0回=0、1回=1、2回=2というように再発行回数が増えるごとに数字も増えていきます。

余談ですが、再発行回数が10回になると0になるのではなく1になります。

これは、最後の1桁の番号が0の場合には再発行回数が無いという事になっている=最後の番号が0になってしまったら、本当は再発行回数10回なのに0回と間違えられてしまい、その事実が分からないまま審査が進んでしまう結果になってしまいます。

もっとも、この再発行回数は何もカード審査のために付いている訳ではありません。

それでも、審査ではこの再発行回数が重要な要素になっているため、ここで再発行回数の判別が出来る事は審査にとっては有効であると言えます。

再発行回数が多すぎると・・・

先程も少し触れましたが、運転免許証番号最後の1桁の再発行回数、この数字が多いとクレジットカード審査では不利になる可能性があります。

というのも、運転免許証が再発行される理由としては免許証の盗難や紛失によるものだからです。

自動車を運転するために必要な運転免許証を、どのような理由があったとしても紛失や盗難に遭うなどという事は、運転免許証の管理が不十分な証拠になります。

それに、運転免許証の紛失や盗難の理由はクレジットカード会社には分かりません。

例え自分に非がなく免許証が第三者による盗難にあったとしても、その事実はクレジットカード会社には分からないため、カード会社では再発行回数の数字を見て判断するしかないのです。

つまり、クレジットカード審査では、運転免許証の紛失や盗難が多い=管理が不十分=日頃から色々な管理が出来ていない可能性があると判断されてしまうため、場合によっては審査に通らない可能性があります。

もっとも、自動車を運転する際には必ず携帯しなければならない運転免許証なので、この運転免許証を無くすという事は、日頃からの管理が不十分と判断されても仕方ありません。

ですので、運転免許証の再発行回数が多いという方は、本人確認書類の提出は運転免許証では無く別の書類を提出した方が良いです。

何もクレジットカード審査で提出可能な本人確認書類は運転免許証だけではなく、健康保険証やパスポート、住民基本台帳カードなどいくつかの種類がありますので、これらの書類の中から提出可能なものを提出して下さい。

常日頃から管理を心がけていきましょう!

次回は?

クレジットカード審査で利用可能な、本人確認書類についてお伝えしていきます!

それではまた次回!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

はじめまして!ふわまろと言います!

世の中のあらゆる流行などについて、そういったものに関心が強い人間です笑

皆さんが気になっているような事柄について、取り上げていきます!

同時に即時の視点も交えながら、新しい角度からも情報を提供していきます!

ぜひご覧ください!!