少し大きな独り言

世の中のあらゆる出来事について、思うままに書いていくそんなブログです

未分類

カードの支払いを滞納してしまった!どうすればいい?

投稿日:2018年11月16日 更新日:

みなさんこんにちは!ふわまろです!
クレジットカードに関するあらゆる情報をお伝えしているのが、このブログになります。

今回は、支払いの「延滞」についてです!

意図的ではなくとも、支払いを延滞してしまった・・・という方は、決して少なくないと思います。

しかし、延滞をしてしまうと、利用者にとって様々な不都合が起こってしまい、大変なことになってしまいます。

その場合の対処法について、今回はお伝えしていきます!!

カードの支払いを滞納してしまった!どうすればいい?

支払日は絶対に守ること!

クレジットカード利用代金の支払日は、各クレジットカードによって異なっています。

月末のものもあれば、10日や20日のところなど、様々ですね。

ですので、クレジットカードの保有枚数が1枚の場合には支払日で困るような事は無いと思いますが、4枚や5枚も持っていると、毎月の支払日で混乱する=支払いを延滞する可能性もゼロではありません。

例えば、Aクレジットカードの支払日とBクレジットカードの支払日を勘違いしていたり、CクレジットカードとDクレジットカードの支払日を勘違いしていたりなど・・・

クレジットカードを複数枚持っていると、ついうっかり支払日に引き落としが出来なかった=支払いを延滞する可能性があるのです。

そもそも、私たちクレジットカード利用者とクレジットカード会社との間には立替払い契約が結ばれており、クレジットカード会社によってクレジットカード利用代金の支払い日が決められています。

そして、クレジットカード利用者はその期日までに銀行の引落口座へ入金する事が契約によって定められています。(審査申込書の裏面に記載有り)

ですので、必ず期日までに入金を済ませておく必要があります。

ただ、先程も説明しましたが何らかの理由によって支払期日までに入金が間に合わなかった場合、クレジットカード会社によっては後日改めて再引き落としをかけるところがあります。

ですので、支払い日までに入金が間に合わなくてもすぐに入金をする必要があります。

また、クレジットカード会社によっては後日の再引き落としを行わないところがありますので、そういった場合には別途振込用紙が送付されてくることになります。

一番いいのは、そういった手続きが行われる事が無いように、支払い日までに入金を済ませておくことです笑

支払日に遅れた場合、すぐにカード会社へ連絡!

これは基本的な事になりますが、万が一クレジットカード利用代金の支払いが遅れてしまった場合には、すぐにクレジットカード会社へ連絡して下さい。

クレジットカード会社によっては、毎月の引落日に引き落としが出来なかった場合には、少し日にちを開けて再度引き落としをかける事があります。

しかし、会社によって対応は違うので、これは実際にクレジットカード会社へ確認してみないと分かりません。

特に、自分の勘違いで後日再引き落としが行われるから入金だけはしておこうと思っても、再引き落としが行われなかった場合には延滞が続くことになるため、事態は悪化する一方になるため注意が必要です。

この事態が悪化する一方になるという事は、延滞期間が長くなることを指していますので、その結果クレジットカード会社から督促の連絡が来る可能性が高くなってしまうのです。

支払い不能が続くとカード会社から督促状が届きます

これは当然と言えばそうですが、クレジットカード会社からの再三の支払い請求に対しても支払いを行っていない=支払い不能になってしまうと、今度はカード会社から支払期限を区切った督促状が届く事になります。

そして、この督促状が届くという事は、クレジットカード会社としてはもうこのまま延滞を見過ごしている訳にはいかないという意思表示の表れです。

事態はかなり深刻なものとなっている事が分かりますよね?

督促=いい加減早く支払いを行って下さいという事になりますので、クレジットカード会社としてもかなりしびれを切らしている事が分かります。

督促状が届くと、かなりまずい

通常の支払期日までに支払いが行われていない→後日の支払いにも応じていないとなると、これはクレジットカード会社から見ればかなり深刻な顧客になります。

ですので、今後は自社との取引を行う事は出来ない=要注意人物と評価されてしまいます。

クレジットカード会社に要注意人物として認識されてしまうと、これは当然ですがこのカード会社が発行しているクレジットカード審査に通る事はかなり難しくなる、というかほぼ不可能です。

また、クレジットカード利用代金の延滞が2ヶ月程度続いてしまうと、クレジットカードの利用停止になる可能性があります。

利用停止になってしまうとその後更新カードが届くことはありませんし、この利用停止の事実が個人信用情報機関の信用情報に登録される事になります。

信用情報に利用停止の事実が登録される=金融事故情報が登録されるという事は、今後このクレジットカード会社の審査はもちろん他社の審査にも通らなくなる可能性が高くなってしまいます。

さらに、このクレジットカード会社がクレジットカード以外の金融商品(カードローンやオートローンなど)を提供している場合には、これらの金融商品の審査にも通らなくなってしまうのです。

ですので、クレジットカードの利用代金は毎月延滞なくきちんと支払うようにして下さいね。

絶対に期日を守りましょう

クレジットカードの利用者には、その利用代金を毎月延滞なくきちんと支払う義務があります。

これは先程も少し触れましたが、クレジットカード審査に通る=クレジットカード会社との契約が結ばれる事になりますので、使った分はきっちりと返済する必要があります。

ですので、クレジットカードの利用代金の支払いは毎月きちんと返済して下さい。

毎月きちんと返済していれば自然と良好な利用履歴が積み重なっていきますので、今後のクレジットカード審査を含めた各種金融商品の審査で有利に進める事が可能になるのです。

次回は?

次回は、クレジットカードの種類の違いについてお送りしていきます!

それではまた次回!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

はじめまして!ふわまろと言います!

世の中のあらゆる流行などについて、そういったものに関心が強い人間です笑

皆さんが気になっているような事柄について、取り上げていきます!

同時に即時の視点も交えながら、新しい角度からも情報を提供していきます!

ぜひご覧ください!!